煌く。

不動センターと等身大の男の子。

乗り越しの軌跡。

ついに乗り越してきました。



横アリのレポでピアノやるっていうのは知ってましたし、上手いというのもちらほら耳にしてました。


ピアノというハイカルチャーなものを重岡くんがやること自体がまず驚きだったし、そもそも重岡くん多趣味だなぁと思って。重岡くん昔の自分を流されやすい人だと言ってたんですけどきっと何かに影響しやすいん性格なんでしょうね。(前向きな意味で) 例えば、沖縄好きの照史くんにも釣り好きのはまださんにも影響受けてますし。(そこんとこすごく可愛いけど) 作詞は健人くんがディアハイヒールを作詞したことに刺激を受けたって言ってるぐらいだし、ピアノもそのひとつだったんじゃないかなぁ。


福岡公演で私が見たのは、心の底から楽しそうに演奏する重岡くんの姿で


あ〜自分のものにしてるなぁって。ちゃんと自分の世界を見つけてるなぁ、燃えられるものなんだなぁって。感慨深くなるというか

以前は乗り越しの深読み(という名の感想文)ブログ書いたんですけど、もう少し視野を広げてこの曲に対して思ったことを書こうかなと思います。ちょっとわたし乗り越しオバケじゃない?

①ピアノの上手さ
これは本人の発言に基づきますが、重岡くんごめんね青春でピアノ(キーボード)やってからちょっとずつ練習してたんですね。あれは短期間でやれるようなものじゃないとは思ってたので、ちゃんと明かされたのはすっきりしたというか。それも自分の口からじゃないのが重岡くんを表してるなぁって思います。

重岡くんが努力を見せない人なのは百も承知でプロ意識の裏側にこういうことも含まれているのかなと思うと人間味を感じて愛おしいなぁ〜なんて思います。重岡くんやったね!みんなびっくりしてるよ、すごいって言ってるよ〜って伝えてあげたい。
それに重岡くんほんとにピアノが上手い。私はピアノに関しては1年しかやってなかったのでほぼ素人なんですけど、やっぱピアノって難しくて。ある程度の過程を蓄積しないとピアノって成立しない気がしてて。小瀧さんも言うように重岡くんは「日々鍛錬」の人なので、相当の努力があってこその成果ですよね。あと上手い理由のひとつとして元から重岡くんのリズム感が鍛えられてるのと体幹がしっかりしてるからなのかなぁとか思ったりもします。(フォロワーさんに聞いたんですがボクシング選手がピアノもボクシングもリズム感が大事だと言ってたらしくて)

表現者

福岡3公演お邪魔させてもらったんですが、重岡くんの演奏はどの公演も味が違ったというか。もちろん生演奏だから味が違うのは当たり前ですね(笑)「実はサイズ きつい」のフレーズ。横アリでアレンジしてきたって聞いて、福岡でもやってほしいなぁなんて思ってたんですよね。初日はアレンジなかったんですが、2日目で「実はサイズ」の"サイズ"のところで少し歌声を緩めて5秒ぐらいピタッと演奏を止める重岡くん。そしてニコッと笑って「...きつい」と歌い始める重岡くん。そんなイタズラをするみたいに笑うのはずるいですよね...

重岡くんは首と太もも、上半身と下半身どちらも使ってリズムをとってる気がしました。元々この曲はゆったりとした曲調ですが、なんとなく重岡くんの演奏はジャズピアノの雰囲気ありますよね?エージェントWESTのバイオリンに挑戦した回で重岡くん一人だけ自然と脚で(正確にいうと太ももで)リズムをとってたんですけど、重岡くんって体自体がバネのようなイメージというか、ライブとかでも音楽にのって体を動かす重岡くんを見ると"感覚の人"なんだなぁっていつも思うんです。というか感覚=センスなんですけど。それがピアノにも表れてたんですよね。息をするようにピアノを弾く重岡くんは立派な表現者だったなぁ。眉を顰めて誰かを思いながらピアノを奏でる重岡くんの姿はアーティストそのもので。困り顔、笑顔、泣き顔、一曲の中でいろんな表情を感じて、楽器が音を奏でるというよりはあの瞬間、重岡くんの楽しさ、嬉しさ、切なさが音を奏でるような。なんというかパッションで弾いてた感じ。重岡くんの心の豊かさがピアノにも表れてましたよね。

最初に言いましたが、重岡くん多趣味なんですよ。釣りやダイビング、三国志といった歴史物、映画(スターウォーズで垣間見る)、ボクシングと言った幅広いジャンルに精通してて、見えてる世界が広いから想像力も発想力もすごく身に付いてるんだと思う。

作詞も趣味のひとつとしてやってたっぽくて常に何かを感じ取る態勢がある重岡くんだからこそ、表現の幅を広げることができるんだろうなぁと感じました。


③笑顔

重岡くんの武器だよ。あんなに笑顔でピアノの弾く男性は重岡くんぐらいだよ。重岡くんも「笑顔が一番の俺の武器」って言ってたよね。自信持って笑顔を武器にできるってほんとにすごいと思うんです。それをピアノにも活かせる重岡くん。活かすっていうのはちょっと言い方変だけど、笑うことで「俺すっげぇ楽しいねん」って気持ちをぶつけてくれる。重岡くんライブは「俺の気持ち、届いてるやろうな」って思える瞬間だと言ってました。重岡くんはライブというものをとおして、何か絶対に伝えたいものがあって、それが何かを手取り足取り使って、探って、もがいて。結局、自分の中でよくわかんなくて。でもまぁ楽しいからいいや。多分伝わってるやろ。って自分の中で見切りつけているような感じがします。たまにそれをしっかり言葉にして、爆エモすぎるワードをポンと会場に残すこともあるから好きが増すんですけどね。よく私は重岡くんのことをパワータイプだと言うんですが、重岡くんが魅せる<楽しむになった瞬間「あ、すごい」って感じるんです。何をもってすごいなのかは全然分からないんですけど、楽しんでる瞬間をすごいと感じる人って重岡くん以外いないんじゃないかな。それってほんとに重岡くんにしかない"特別な輝き"だな〜って、そう感じてます。


以上、三つの視点から考えた乗り越しラブストーリーでした。


最後にひとこと...




しげおかくんって無限大だ。